<< さよならVodafone | main | 買い物先で。 >>
-imasara-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夜のピクニック」観てきた。
今日、日帰りで愛知まで行く予定だったので
本日の映画の日を、前倒しして800円奮発して
昨日見てきました。公開初日。

<感想>
先に原作を読んでいたせいか、どうしても
覚えているところと比べてしまい、
「えーここの描写こんなあっさり?」と思うところがチラホラ・・・
80キロ歩く大変さとか、疲労加減とか
日が落ちて闇になるあぜ道の不安感とか
微妙に伝わりにくい感じがもどかしかった。。。

原作に無いシーンは楽しめましたが、
原作に無かったからこそ
石段で一人芝居をしたり
生徒が順番に道に願い事を書く2点だけは
なんでそうなったのかさっぱり。。。
川沿いとか夕日落ちるところとか海とか景色はきれいだった。

ただ、原作も読まず、「ピクニックの準備」も見てない
映画本編を最初に見る人は、ちゃんと話についていけるのかな・・・?

「ピクニックの準備」はレンタルもされているみたいなので
先に見ることをお勧めします。
が、原作は後から読んで思い返す方が良いと思います。

映画が終わって本日の「日帰り愛知の旅」が
中止になった事を知りました_| ̄|○ il||li

ネタばれありな感想↓
<注意!所々ネタばれがありますのでこれから見る人は自己責任でお読みください>
まず、高見。
オイシイところばっかりで、夜になるとうるさくて鬱陶しい
けど憎まれないキャラ、て所は全くナシ。
貴子や融と歩いてる時に背も高くてビックリでした。原作では小柄だったかと。。。

前振りのように出てきたクツの精みたいなのは
貴子の悩みの解説者みたいだったけど
仮眠の後は放ったらかしになってたし。。。(眠たさ故の妄想?)

毎年同じ道を歩いてる事になってたり
ピクニックの準備での融の話に出てきた場所が
そのままコースの一部になっていたり
美和子のお菓子がなかったり
貴子の悶々と考え悩んでいる事、
2つ目の賭けと約束。

原作の落ちるところまで落ちるような
ドロドロとして妄想みたいな考えとか出来事がある反面
歩行祭も悩み事も全部片付く達成感と、
「さぁこれからどうなる!」っていう期待と少しの不安があって
初めて原作の爽快感が味わえると思うんだけど・・・

自分がドキドキしながら読んだところが
スッパリアッサリほぼカットで物足らなかった。。。

映画の画面を挿絵的なアクセントにして
原作を読み返すとまた楽しめそうな気がします。

| テレビトカ。 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 14:46 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://canis.jugem.jp/trackback/1765
トラックバック
「映画の日」を活用してお得に映画を見よう
「映画の日」を活用してお得に映画を見ましょう。皆さんは映画の日ってしっていますか?とってもお得な日です。どういう日なのかというと・・・・。
| 私の稼げる情報・気になる情報 | 2006/11/03 9:22 PM |
「夜のピクニック」見てきました
 映画紹介のサイトの「あらすじ」を読むと青春と純愛がテーマなような感じを受けたので夜のピクニックを見に行ってきました。結論から言うと純愛はほとんど関係なかったのですが。。。  ちなみにこの作品は本屋さんが選ぶ本屋大賞の第2回受賞作品です。
| よしなしごと | 2006/10/22 2:34 PM |
夜のピクニック(映画館)
特別なこの日だから 私は秘密の賭けをする。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:長澤雅彦 出演者:多部未華子/石田卓也/郭智博/西原亜希/貫地谷しほり/加藤ローサ 時 間:117分 [感想] 青春ものが好きなワタシはこの映画を密かに楽しみにしてたのよ・・・。
| ひるめし。 | 2006/10/08 2:42 PM |
夜のピクニック
果歩さんの 潔さが 成果なり   いやはや、映画のプロモーションどおりです。久し振りに、宣伝文句と中身が合致した映画を観ました。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」、まさに、そういう映画です。24時間、夜を徹して
| 空想俳人日記 | 2006/10/03 12:24 PM |
「夜のピクニック」
9月30日から公開される恩田陸原作の「夜のピクニック」の試写。「第2回本屋大賞」受賞作を長澤雅彦監督が映画化。24時間一昼夜をかけて80kmを1000人一緒に歩き通すある高校の伝統行事「歩行祭」(恩田氏の母校で実際に行われている行事)。そのスタートから ゴールまで
| やまたくの音吐朗々Diary | 2006/10/03 9:21 AM |
「夜のピクニック」映画館レビュー 溢れてくる高校時代の思い出
今、この映画の記事を観てくれている人の中で、果たしてどれだけのひとが僕と同じことを思い出しているでしょうか。この映画で、「歩行祭」と呼ばれているそれは、うちの高校における「百キロ徒歩」。高1高2と参加しました。この話はまた追ってしてゆきましょう。まず
| Ĺ????????? | 2006/10/02 10:12 PM |
【劇場鑑賞105】夜のピクニック the Night time Picnic
1000人で一緒に24時間80km歩く 高校生活最後の歩行祭 『並んで一緒に歩く。 ただそれだけなのに、 どうしてこんなに特別なんだろう。』 特別なこの日なら 2人の関係を、きっと変えられる。 「たぶん私も一緒に歩いてるよ!! 去年おまじない
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/10/02 8:30 PM |